クラシック・コンサートのマナー

                                                              →音楽のページ               →トップページ 

 マナーを守って楽しくクラシック音楽を聴きましょう。 ここでは基本的なマナーを挙げてみました。 

 

T.演奏中は音をたてないこと!

 @携帯電話やアラーム付き腕時計はあらかじめスイッチを切っておくこと。

 Aおしゃべりは厳禁。

 Bホールでの飲食も厳禁。 演奏の始まる前や休憩時間にロビーでどうぞ。

 C傘は傘立て(ホールの入口にあります)に、かさばる荷物はクローク(無料)に預けるか、椅子の下に押し込んでおくこと。

 D演奏会のパンフレットは演奏開始前か休憩時間に読んでおくこと。 演奏中にパラパラとめくるのは隣人に迷惑です。

 E万一風邪などで咳や鼻水がかなり出そうだったら、あらかじめ薬を飲んでから行きましょう。

 F財布に付いている鈴は、意外にホール内で響くもの。 コンサートや音楽家を愛する人は、鈴を財布からはずしましょう。

 Gスーパーで買い物をするとポリエチレンの袋に入れてくれますが、あの袋をいじるとホール内でかなり響きます。 演奏中はいじらないように。

 H咳止めののど飴をなめるのはいいのですが、その包み紙をはがす音は、これまたホール内で響くものです。 はがすのは演奏前か楽章間に。

U.拍手は曲が終わってから。 楽章と楽章の合間(交響曲なら原則として4楽章)でしてはいけません。

 @曲の終わりがよく分からないときは、急いで拍手する必要はありません。 周囲の人が皆拍手していたら一緒にすればよいのです。

 A演奏が気に入らなかったら、無理に拍手する必要はありません。 拍手を拒絶するのも、罵声をあげたり足を踏みならして不快感を表明するのも自由です。

 Bしかし、いくら演奏がひどくても、靴や爆弾を投げるのはやめましょう。

 C逆に演奏に感激したら、惜しみない拍手を送りましょう。 ブラボーなどの声をあげるのも結構ですが、曲によっては (レクイエムや受難曲など) ブラボーがふさわしくないものもありますので、注意しましょう。

 Dしかし、いくら演奏が素晴らしくても、一万円札を投げてはいけません。(ちなみに、学校でのワタシの授業が素晴らしいときは投げても可。)

V.演奏の録音・撮影などは、許可を受けた人以外には禁じられています。

W.服装は、普段着で結構です。 

 特におしゃれをする必要はありません。 無論、おしゃれをしていけないということではなく、盛装したい人はお好みでどうぞ。 (なお、ディナーショウなどでは、正装が義務づけられることも時にはありますが、その場合はあらかじめ興行元からそのように注意があります。)

 

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース